スマホ老眼に気を付けよう

>

スマホ老眼とは

この記事をシェアする

スマホ老眼の特徴

スマホ老眼というのは正確に医学用語というわけではありませんが、現代病として知られています。スマホ使用者が比較的若年層からなので、若者にも発生しています。
視力低下を起こしているわけではなく、目の疲れか…で見過ごしがちなのが特徴といえます。
症状は一時的といえますが、症状が重くなるとピント機能が固定化されることもあります。
また若いのに緑内障にかかる可能性もあります。

パソコンでの業務が普通になっていますが、パソコンよりはスマホの方が危険といえます。スマホの方がパソコンのモニターよりも画面が小さく、より近い距離で、より小さい文字を追うからです。目への負担はやはり大きいといえます。

視界がぼやける以外にも、目の奥が痛む、充血する、乾く、まぶしいといった症状が続くようであれば眼科医に行くべきでしょう。

スマホ老眼はどうしてなるのか

眼球の仕組みは、水晶体とその周りの筋肉である毛様体筋からなります。
水晶体はカメラレンズのような役目をもっています。
毛様体筋の筋肉が動くことによって水晶体の厚みが変わり、ピント調節のようになります。
物を見るときにはこの動きが自動で行われてピントが合うようになっています。

人間、誰しも年を取るといろんな機能が衰えてきます。目の機能も例外ではありません。腕や足の筋肉が衰えていくのと同じように、毛様体筋も老化して働きが悪くなるのです。老眼はこうした加齢によって起こります。
スマホ老眼は、加齢で起こる老眼と同じように毛様体筋による調節が効かなくなって起こします。その原因が、スマホの小さい画面を長時間にわたって凝視することによるものです。同じ姿勢でいるとあちこち身体が痛くなるのと同様、目の筋肉も同じ状態で力を入れていると疲労をおこしてしまうのです。