スマホ老眼に気を付けよう

>

スマホ老眼を避けるのに普段の行動を見直そう

この記事をシェアする

スマホの設定を最適化しよう

スマホを見るということ自体が、紙媒体と違って発光体を見ることになるので、目の負担が大きいものです。スマホの画面設定を変える事によってある程度負担を軽減することを知っておきましょう。
背景の白いページに移行し、明るさを変更しましょう。
白い部分がグレーのように見えたり、照明のようにまぶしく見えたりすると極端な状態ですので調整しましょう。
丁度よい白い背景に、黒い文字という王道な状態は一番読みやすい状態といえます。
文字サイズも目の負担に関わります。あまり小さい文字は眼精疲労を促進します。気持ち大きめの文字に設定しましょう。
スマホやモニターから発するブルーライトは体調面でも目の面でも問題があるものです。対応眼鏡などもありますし、対策用アプリもありますので検討してみてください。

目にいい食べ物を知っておこう

栄養的に目にいい食べ物というものがあります。
積極的にとって、予防しておくというのも良いですね。

よく言われるのが、ブルーベリーです。アントシアニンという栄養素が目にいいとされていろんなサプリも売っていますね。
ほうれん草やキャベツなどにふくまれるルテインも、抗酸化作用をもち目にいいとされます。
肉魚に含まれるビタミンB6は水晶体や毛様体筋の代謝を促進します。
イワシやサバなどの青魚に多く含まれるDHAは目の粘膜保護に良いです。
ナッツ類に多く含まれるビタミンEは目の老化防止や白内障の予防に有効です。
緑黄色野菜や納豆などに含まれるビタミンB2は角膜炎の予防に効きます。
バランスよく栄養をとることで、体をいたわるとともに目のサポートにも尽力してください。